12

先輩と後輩の距離感が近い。だから、
フソウは働きやすい職場なのだと思います。

技術戦略本部 技術部 入社11年目 加納 彰司

普段はどんなお仕事をされているのか、教えてください。

弊社は主に下水処理場や浄水場などの公共施設において、機械の新設・更新工事を行っており、その中で私は施工支援業務を担当しております。工事の仕様に基づいた機器図の作成や、施工図の作成が主な仕事内容です。基本的には社内での書類作成が主となりますが、時には担当している東日本エリアを中心に北海道や関東などの工事現場に赴いて現状確認や発注者との打ち合わせを行うこともあります。

入社から現在までの10年間で経験した成功・失敗体験はありますか。

私たちの仕事は、社会に欠かせない「水」に大きく関わります。なので、日々自分たちの仕事を確実にこなし、決められた工期内に工事を完了させ、常に社会のインフラを支え続けることが成功と考えています。 あとは、業務の中で事前に問題点をつぶし、気持ちよく現場の方に仕事をしてもらうことが私にとっての成功と考えます。 過去には工事の仕様に合わない機器を製作してしまった事もあり、現場の方には大変迷惑をかけてしまったこともありましたが、上司や現場の方々の協力で軌道修正が出来、なんとか工期内に終わらせることができたという経験もあります。

これまでフソウで働いて気付いた会社の良い点を教えてください。

社内の雰囲気がとても良いことです。大学の合同企業説明会で出会った先輩社員の人柄に惹かれたことが私の入社したきっかけで、会社見学に行ったときに感じた風通しの良さは今も変わりません。 実際に、私が入社直後に教育係でお世話になった10歳以上年上の先輩社員からは今でも可愛がってもらえており、色々相談にも乗ってくださっています。先輩社員と後輩社員の距離感が近く相談しやすいことがフソウの「社風」だと思っています。

どのような人がフソウに合っていると思いますか。

フソウで働くことに、なにかしらの「信念」を持った人が望ましいと思います。というのも、フソウは2018年に社長が変わったばかりです。新社長は技術系出身の方で、創業より培われてきた企業文化に加え、社会情勢や環境変化に応えうる新たな技術価値の提供などにも積極的です。 自分がやりたいことに挑戦できる企業文化のもと、「水インフラ整備を通じてこれからのフソウをより良く、より新しくしていきたい」という想いを抱いていると、フソウで成長でき、よりイキイキと働けるのではないでしょうか。

message

就活生に対して一言

まずはフソウについて色々と調べて、学校の先輩などがいたらどんどんコンタクトを取ってほしいです。そして可能であれば私と同じように、一度会社に足を運んでもらい、フソウの雰囲気を肌で感じてほしいです。 私も中堅社員として、新入社員の方々と接することもありますので、その時が今から楽しみです。みなさんとお会いできることを心からお待ちしています。

8:15 出社
パソコンを立ち上げ始業準備

8:30 取引先や現場からの問い合わせ対応
受け持っている案件の設計業務

12:00 ランチタイム
オフィス内で昼食。その後は仮眠などで休憩

13:00 機器の承諾図や、現場の施工図作成
取引先と打合せするための資料作成

15:00 出張
取引先と打合せするために外出することも

17:30 一日の業務を振り返り、取引先への指示事項が抜けていないかチェック
不足があれば電話やメールで連絡

19:00 帰宅
区切りの良いところで業務を終了し、帰宅