11

個人の失敗が会社の失敗になる。
社会人は責任感ある行動が求められる。

製造部門 入社10年目 沖野 優也

現在の仕事内容を教えてください。

私の仕事は、上水、下水、農業用水等に使われる鋼管の塗装です。鉄板の曲げ、溶接、検査を経て完成した製品の最終工程になります。段階的に(内面・外面)塗装するので、まずは製品を養生した後、製品に適した塗装機で塗装を行います。

フソウに入社した動機を教えてください。

高校時代、電子機械科に所属しており、図面の作成、溶接、機械を使った工作など、ものづくりの基本を学んでいました。将来は「自分が手がけた商品を世に送り出し、人の役に立ちたい」と思っていました。進路を決める時、先生の勧めでフソウを知りました。会社について調べていくと、工事だけではなく、設計、施工、製造、資材の販売など、様々な分野で活躍していることがわかり、フソウに入社することを決めました。

入社してから理想と現実のギャップはありましたか?

会社の雰囲気に対してはありませんでしたが、仕事に対してはありました。高校時代にものづくりの基本は学んでいたこともあり、入社後もすぐに慣れるだろうと思っていましたが、入社してからは覚えることが多く、はじめのうちは苦労しました。しかし、苦労を重ね、先輩のサポートを受けながら仕事をこなしていくうちに、一人で出来ることが増え、自信もついてきました。

どのように会社に慣れていきましたか?

最初はとにかく目の前の仕事をこなすのに精一杯でした。「なぜできないのか?」と自分で考え、わからないところは先輩に教えていただきながら、常にスキルアップを目指して動いていました。結果として、自分の技術・スキルが上がったときは嬉しかったですね。大切なことは、すぐに答えを求めるのではなく、自分で考えて行動してみるということです。先輩の職人技を言葉だけで伝えられても100%理解することはできません。目で盗むという言葉があるように、どのように動いているのか、なぜ自分にはできないのかを考え、動くことが大切です。

学生と社会人の違いはなんでしょうか?

背負う責任の重さが違います。学生の場合は成績が悪くても、授業を欠席しても個人の問題です。社会人の場合は、一人の失敗がチームや会社に損失を与えてしまうこともあります。実は私も自分勝手な行動をとってしまい、上司に迷惑をかけたことがあります。自分の身勝手な行動やミスが周りに与える影響を理解していなかったことが原因でした。それからは、個人で勝手な判断はせず、上司への報告・連絡・相談をしています。コミュニケーションをとることが大切だと思います。

message

就活生に対して一言

自分で考えて行動することは必要ですが、わからないことは先輩が丁寧に教えてくれる職場です。硬くならず、気になったことがあればなんでも聞いてください。

7:40 到着
着替え身支度。仕事の準備をする

8:00 始業
ラジオ体操をして、全体朝礼をして、班ごとに朝礼をする

8:30 仕事開始
前日に塗装分の膜厚チェック、天井クレーンの操作

10:00 養生
製品を養生していく

12:00 ランチ
持参したお弁当を食べる

12:45 塗装
鋼管を塗装する

15:00
塗装した製品の手直しをする

17:00 定時
その日の予定作業が終了していれば退社