07

誰だって失敗はある。
そこから学び、自分を成長させていけばいい。

製造部門 営業課 係長 入社22年目 多々野 正史

現在の仕事内容を教えてください。

1つは設計会社と信頼関係を構築し、フソウの配管を提案する仕事です。私の部署で取り扱っている製品はワンオフ(特注)を強みとしており、既製品の配管では対応できない場所でこそ力を発揮します。しかし、使っていただくためには、設計士の方から設計上の課題を伺い、提案をしなければいけません。そこで日頃から通い、課題のヒアリングを行っています。 もう1つは、電力案件の製品販売営業も兼務しています。こちらはフソウの中でもまだ新しい事業ですが、お客様を増やすために積極的に営業を行っています。 また、もともと現場監督をしていた経験から、現在でも施工指導員として現場に立つこともあります。

電力案件の製品販売営業も兼務しているということですが、その理由はありますか?

1年間名古屋に転勤をしていた頃があるのですが、その時に電力案件の製品販売営業を始めました。当時は、電力案件の製品販売事業は新規事業であったこともあり、関わっている営業担当者はごく少数。名古屋に移動する前は本社で事務的な仕事に関わっていたので、心機一転新しいこともやってみようと思い、取り組んでいました。東京に戻った現在も、名古屋における電力案件の製品販売には引き続き対応しています。

新しいことに取り組む上で、苦労もあったのでは?

営業の経験はあったものの、電力案件の製品販売は初めてでしたので、当初は苦労しました。恥ずかしい話、自分たちができることもしっかりと把握できていなかったため、お客様の質問に答えられないこともありました。しかし、包み隠さず話しをすることで、徐々に理解していただき仕事にも慣れていきましたね。苦労は大きかったのは事実ですが、その分多くのことを学べたと思っています。

失敗から学んだという経験はありますか?

入社してから現場監督をしていたのですが、3年目に職人さんたちからボイコットをされたことがあります。3年目になると仕事も覚え、いつの間にか現場で働く人たちに対して上から目線になっていたのかもしれません。そんなある日、現場に行ったら誰もおらず、「自分一人で仕事をしているわけではない」と身をもって知らされました。その後、謝りに伺い、自分の態度を改めました。この経験から、人の力を借りなければ、自分は何もできないということを学びました。

入社した当初から役職を目指していましたか?

私が係長になったのは3年ほど前ですが、入社当初から役職には興味がありませんでした。それよりも仕事が楽しく、仕事を突き詰めていきたいなと働いていたら、いつの間にか役職がついていたと感じています。

message

就活生に対して一言

営業だけではなく、仕事はコミュニケーションが大事です。今の時代、メールや電話など便利なものがあるからこそ、会って話をする価値はより高まっています。私は大学生の頃は対人コンプレックスがありましたが、今は話すのが大好きです。話すのが苦手な人でも自分を変えるチャンスはまだまだあります。

8:30 東京から名古屋または担当案件を持つ各方面へ移動
移動中は提案資料の確認

11:30 ランチ
お客様を訪問前に食事をすませる

13:00 お客様との打ち合わせ
半日かかることが多い

17:00 名古屋支店または近接の拠点へ移動
打ち合わせで出た課題の解決方法を検討

19:00 ホテルへ移動
一泊して、翌日の打ち合わせに備える